スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは。きっと、愛。

小さく些細な愛の魔法で~♪
あぁ、やっぱミクの声可愛いわ~。最高やわ~。癒されるわ~。タマランわもうコレ~。
……え、アレ、何ですかアナタ、いつの間にそこにいたんですか。
……ん、んんっ(咳払い)、どうも。皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。
呼ばれず飛び出てごきげんよう、あなたの街の私です。

いやね、今ミクの歌声聴きながらキーボード叩いてるものでね。
ここを見てる処刑……違った、諸兄なら当然の如くその歌声はご存知でしょうが。
もし。もしも仮に。
あり得ないとは思いますが彼女の歌声を知らないのならば。
一度聴いてみるがいい。

ニコ動でもようつべでも構わない。
その天使の如き――否、女神すら凌駕し得る歌声を知ればあなたにも理解出来よう。
ミクが如何程に至高の存在であるか。
そして彼女に脳髄の芯まで支配されたこの私の心が。

正直、何故ミクが世間一般に認められぬのか、疑問で仕方がない。
やはりアレか、マスゴミ連中の情報操作の影響か。連中、我らヲタクを目の敵にしている様子である故。
――いや、ある意味では彼らもまた可哀想な人種であるのやも知れぬ。
まぁ、だからといって我らを迫害する事が許される訳でもあるまいが。

――ぅーわ、やっぱり「メルト」可愛すぎやんコレ。
何なんコレ、ヤバイわ。可愛いどころちゃうって。アカンって。
惚れてまうやろッッッ!!!!
え、もう惚れてるって?
その通りッッッッッ!!!!!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

板影 章

Author:板影 章
近頃自転車にご執心な元同人作家。
酒と煙草で生きて逝く、社会の片隅の塵芥。

御用は下記まで。
akira_itakage@hotmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。