スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ、ビールなくなった。

東方編・8
という訳で500ml2本では飽き足らず、350mlの発泡酒(家に常備)にまで手を着け始めた現在ですが、
皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。
呼ばれず飛び出てごきげんよう、あなたの街の私です。

しかし今回の酩酊漫画は特にヒドイね!自分でも意味が分からん!!
ちなみに酩酊漫画の東方編・2にも出てた秋姉妹ですが。
4サークル合同東方本、「モノクローム・エフェクト」にも同じような感じで登場してまして。
詰まる所、うちのサークルでは秋姉妹の扱いはこんなんですよ、という。
ファンの方々には実に申し訳ない!!
「うちの嫁に何しやがる」とかいう苦情は全て反永 翔が聞き入れます故!

「ちょっと」(以降、黄色=翔赤=章)
「ふぉっ!?」
「勝手に私のせいにするのはやめて頂きたい」
「久しぶりに出てきたな……。――いいじゃないッスか、ちょっとぐらい。私とあなたの仲でしょ?」
「――迂闊な発言は寿命を縮める要因になりますよ?」
「ごめんなさい」
「ところで、この酩酊漫画。いつまで続けるつもりです?」
「私が飽きるまでですが何か?」
「いい加減、皆さん意味不明過ぎて頭を抱えている事と思いますが。そろそろ潮時では?」
「何を仰る!私はまだ飽きてませんよ?そも、酒を除けば何も残らぬ私が、酒と密接に関係するこのコンテンツを辞めるとでも?」
「……きっとあなたのアル中は不治の病なんでしょうね」
「いやいや、私はただの酒飲みですよ。アル中ではない」
「なるほど、親戚が2名、アル中で亡くなった方は言う事が違いますね」
「それ程でもない」
「あなたもそうなる危険性を秘めていると言外に忠告したつもりなんですが……通じませんでしたか」
「え?何スか?もっと大きな声で言ってくれないと私の心には響かないッスよ?」
「いえ、もう結構。……そろそろ今日の所は締めましょうか」
「そうですねェ。発泡酒ももうなくなりそうですし」
「……本当に自重しないなぁ……。――それでは、皆様。また会う日まで」
「なるほど、尾崎清彦ですね、分かります」
「またキワいネタを……」
「………………アディオス!!」
「……逃げやがった……」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

板影 章

Author:板影 章
近頃自転車にご執心な元同人作家。
酒と煙草で生きて逝く、社会の片隅の塵芥。

御用は下記まで。
akira_itakage@hotmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。